読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつくしみの聖母会

〒874-0841 大分県別府市竹之内4-1 TEL: 0977-23-9334

インマヌエル

 今年、御降誕祭に、特に心に響くのは、”インマヌエル”(神はわれらと共にいます)ということばです。”共にいる”ことの喜びを実感した出来事があります。それは御降誕祭の10日ほど前、いつくしみの家(学童保育)の小学生が、同じ敷地内にある放課後学童デイサービスにやって来る障害を持った子ども達を聖堂に招いて行なったクリスマス会のこと。

 自閉症、ダウン症、発達障害の小・中・高生たちの中には、初めての場所に行くことに強い抵抗を感じる子もいて、1週間前に、聖堂を開放し、ひとりひとりに招待状を準備しました。聖堂内は椅子を全部取りのけ、皆、ざぶとんで祭壇の下の小さな馬小屋を囲みました。男子の紙芝居「やさしいひつじかい」、女子のハンドベル「もろびとこぞりて」、神父様のお話、キャンドルサービス、おたのしみなどのプログラムで、40分間ほどをいっしょに過ごしました。あたたかい、拍手や"ヤッター””ありがとう”という、うれしいことばかけを頂きました。もちろん、中には、がんばって座っていてくれた子どもたちもいましたが、最後に後ろの窓からでっかいサンタさんが入って来た時は、皆、大喜びでした。

 クリスマス会が終わった後、考えたのです。あのあたたかい雰囲気は何だろうと。そして、心に浮かんだのは、”インマヌアル”ということばです。いっしょにいることの喜びが、あのあたたかい雰囲気を醸し出していると思いました。私は、”いっしょにいてくれてありがとう”と言いたいです。ことばにすることはなくても、子どもたちも大人も、みんな、互いに、いっしょにいてくれてありがとうという思いを心の中に持っているのではないでしょうか。そして、両手を広げて、あまねく人々を招き、迎え入れて下さるイエスさまこそが、その中心なのですね。

 

 「見よ、おとめがみごもって

    男の子を産むであろう。

   その名はインマヌエルと呼ばれる。」

  この名は『神は、われわれとともにいます』という意味である。」

(マタイ1:23)

f:id:secondson:20161218230455j:plain